中学受験は見栄のため?

小学生の高学年になると、お母さんたちの間で中学受験が話題になってきます。
学校の勉強のためとは別に、中学受験のために塾に通い始める子もでてきます。
小学生なのに遊ぶ時間を割いて受験勉強をして、レベルの高い中学校へいけるのであれば、将来のためにとてもいいことだと思います。
しかし、受験のときは滑り止めも受けていて、目標の中学校へ行けなかった場合には、さほどレベルの高くない中学校へ行きます。
公立へ通うケースはあまりありません。
私はそこまでして中学受験にこだわる必要があるのかなと思います。
元々は「いい中学校へ行く」ために始めた中学受験が、最終的には「恥ずかしくて公立へは行けない」という意味にかわっているような気がします。
公立は規則が厳しいので、たとえ勉強をしなくても、大きく道を外れることはありません。
しかし、私立は学校によっては自由が多いので、勉強もしないで、遊びがメインになってしまう場合もあります。
親として、中学受験は「どこでもいいから合格すること」が目的ではなく、子どもの将来をよく考えて進めていきたいと思います
中学受験計算問題it49|算数の計算問題に強くなるコツ参考サイトはこちらです。